SPI3と一般常識 練習問題を解く

SPI3/まるわかり講座と練習問題

n進法(練習問題)

SPI3のn進法は苦手とする人も多い分野だが,まずは,例題の2つの基本問題をしっかりマスターして,
n進法のルールを把握しよう。

対策

(1)「10進法の数をn進法で表す」
(2)「n進法の数を10進法で表す」
という2つの問題が頻出パターン。
n進法のルールと計算方法をマスターすれば比較的簡単に解くことができる。

練習問題

(1)10進法の769を5進法で表すといくつになるか。

A 3043   B 3241  C 3344  D 4403
E 4304   F 10023  G 11034  H 11244
I AからHのいずれでもない

(2)2進法の10101は10進法ではいくつになるか。

A 21   B 77  C 81  D 93
E 110   F 175  G 205  H AからGのいずれでもない

解答・解説クリックして表示

(1)は,10進法の数を割り算していき,各回の余りを逆の順に書いて求める。
(2)は,n進法を位ごとに分解して考えるとよい。
例えば,10進法の位の単位は,下から,
1(100=1),101,102,103,……
であり,4進法の位の単位は,下から,
1(40=1),41,42,43,…… 
となる点を把握しておく。

(1)10進法の769を5進法で表すには,
769を5で続けて割っていき,
各回の余りを逆の順に並べて書く。



(2)2進法の位の単位は,下から,1,2,2,2,…… となる。
10101は,
1の位が1,
の位が0,
の位が1,
の位が0,
の位が1にあたるので,

24×1+23×0+22×1+21×0+1×1
=16+4+1
=21

【解答】 (1)G  (2)A

SPI3 分野別一覧に戻る
「就職活動の神様」公式Facebookページです。
  • 就職活動の神様公式ページ Facebook